精力剤被害サーチのサイトロゴ

精力剤「パワー1ウォルナット」を使用して、男性が死亡した事件です。

精力剤被害検索

商品件数152件!

情報件数900件!

非合法精力剤【パワー1ウォルナット】服用でシンガポール男性死亡

2008年4月9日

非合法の精力増強剤で男性死亡、シンガポール

シンガポールで精力増強をうたった非合法ピルを服用した中年の男性が死亡した。監督当局によると、この錠剤には同国で規制されている薬物が大量に含まれていた。

シンガポール健康科学庁(Health Sciences Authority、HSA)はこの錠剤の使用に対し繰り返し警告を発していたにもかかわらず死者が発生したことについて、深く懸念すると発表した。

問題のピルの名称は「パワー1ウォルナット」。売り上げが伸びるとともに、服用後に不調を訴える例が多数報告されていた。このシンガポール人男性は3月初旬に服用した後に昏睡(こんすい)状態に陥った末、肺炎で亡くなった。

最近新たに6人が病院に運ばれ、このピルの使用後に異変が確認された例は計23件に達した。ほかに53件の関連も疑われるという。

HSAによると、製造元は中国広州(Guangzhou)のGuangzhou Xinkauili Limited Companyという企業で、シンガポールに不法に持ち込まれたものとみている。製造元は自然の薬草成分しか含まれていないと主張している。

引用元:http://www.afpbb.com/articles/-/2375497?pid=2810363

シンガポールで発生した、非常に危険な精力剤による死亡事件ですね。

今回問題になった「パワー1ウォルナット(Power 1 Walnut)」と呼ばれる精力剤には、どうやらバイアグラの有効成分「シルデナフィル」と、血糖降下剤として用いられる医薬品成分の「グリベンクラミド」が配合されていたようです。また、調べにより規定値をはるかに超えた有効成分が含有されていることが分かっています。

幸いにも死亡した方は1人だけのようですが、53人もの方が関連して被害にあってる疑いがあるので、その危険性は非常に高いです。

医薬品成分のグリベンクラミドは、インスリンの分泌を促して血糖値を下げる作用があるので「低血糖」になる可能性があります。副作用として「けいれん」「意識が薄れる」といった症状が現れ、体調や体質によっては、吐き気、倦怠感、体温低下など、その他多くの副作用が起こりえます。この事件で死亡した男性は昏睡状態になってるようなので、これはグリベンクラミドによる「低血糖昏睡」の可能性が考えられますね。

シンガポール健康科学庁がパワー1ウォルナットに対して、繰り返し危険性を警告していたにも関わらず利用する人がいたという事は、それだけ精力剤としての効き目があったのでしょう。危険を承知の上で使用してるのなら、健康被害にあっても自業自得ですが、自然で安全な精力剤と思い込んで使った方は、本当に気の毒ですね・・・。

今現在、商品名の「Power 1 Walnut」で検索すると、その精力剤について注意喚起しているサイトが多く見つかりますが、今でも普通にパワー1ウォルナットを販売しているサイトがあるので、絶対に手を出さないよう注意してください。

危険な精力剤を利用して死亡するという事件を、日本ではほとんど見かけませんが、この事件のように海外では多くの方が被害に合っています

トップへ戻る↑