精力剤被害サーチのサイトロゴ

ED治療薬シアリスの模造品を利用して、健康被害に発展した事件です。

精力剤被害検索

商品件数152件!

情報件数900件!

ED治療薬【シアリス】の偽物による事件で、日本人男性が意識不明

2011年4月28日

【奈良県】シアリスの模造医薬品で注意喚起

2011年4月26日 奈良県薬務局はED治療薬のシアリス(有効成分:タダラフィル)の海外製模造品による健康被害が発生したと発表。

2010年6月頃に40歳代の男性が模造品シアリス錠(50mg)を服用し、数時間後に痙攀、意識低下で同県立医科大学病院に搬送され、脳血栓が確認された。男性は回復して退院しているが、症状と模造医薬品との因果関係は否定できないという。

同病院では、1月中旬に呼吸苦で搬送され、間質性肺炎で死亡した患者のポケットにシアリス錠50mgがあったことをきっかけに、県に相談した。患者の遺品には、シアリスのほか、勃起不全治療薬のレビトラ(バルデナフィル塩酸塩水和物)、抗真菌薬のジフルカン(フルコナゾール)の模造品もあった。

奈良県薬務局は、個人輸入した医薬品について、品質、有効性、安全性が国内で薬事法に基づいて確認されておらず、期待する効果が得られなかったり、人体に有害な物質が含まれている場合があると、注意喚起している。

引用元:http://www.yakuji.co.jp/entry22921.html

これは、偽ED治療薬との関連性がある2件の健康被害が発生し、注意喚起に至った問題です。原文はコチラ⇒模造医薬品による健康被害に対する注意喚起

日本では2007年の9月からシアリスの販売が開始され、有効成分「タダラフィル」を含む「10mg」と「20mg」の2種類が、ED治療薬として販売されています。なので、シアリスの「50mg」や「100mg」は明らかな偽造品という事になります。

2013年のED治療薬の世界シェアをみると、バイアグラを抑えてシアリスが全体の42%を占め、シェア1位になっていています。それだけ勢いのある人気のED治療薬なので、今後もタダラフィルを含んだ偽造品はどんどん増えていくかも知れませんね。

ED治療薬は血流に大きく作用するので、脳血栓のような脳疾患を引き起こしたり、症状を悪化させるリスクが高まる可能性があります。そもそも脳梗塞や脳出血などの既往歴がある場合は、命に関わることもあるので、ED治療薬を処方できないという事もあります。

また、「間質性肺炎」で死亡した男性について、ED治療薬の成分がどう作用したかは不明ですが、偽造品なので身体に害しかない成分が入っていた可能性も考えられます。死亡した男性のポケットに偽シリアス錠がしっかり入ってたみたいなので、さすがに使ってないとは事は考えにくいですからね。

ちなみに、遺品として見つかった医薬品はシアリス錠50mgと100mg、レビトラ錠20mgとジフルカン100mgだそうです。

結局、病院で処方された正規のED治療薬でも変化が見られない場合は、別にEDの原因があると考えていいでしょう。「単純に摂取量が少ないだけだ」と勝手に判断して、個人輸入などを利用し、規定値を超えてED治療薬を服用しても、間違いなく健康を損ねるだけです。

トップへ戻る↑