精力剤被害サーチのサイトロゴ

ED治療薬のバイアグラを大量摂取して死亡した男性の事件です。

精力剤被害検索

商品件数153件!

情報件数911件!

ED治療薬【バイアグラ】大量摂取でロシア人男性死亡

2009年2月27日

「12時間耐久セックス」のためにバイアグラを大量服用した男性、心臓発作で死亡

ロシアで男性は12時間ひっきりなしに性行為を行うために、短時間に大量のバイアグラを摂取した男性が心臓発作で命を落としたそうです。男性は男性器の機能を無理やり持続させるためにバイアグラを大量摂取していたとのこと。

ロシアで機械工として働いていたSergey Tuganoさん(28歳)は2人の女性と「12時間ひっきりなしに性行為ができるか」ということに3000ポンド(約42万円)を賭け、その女性2人と「12時間耐久セックス」を行っていたそうです。

Sergeyさんは賭けに勝とうとして、短時間にバイアグラをボトルごと大量に摂取。その結果、賭けには勝利したものの心臓発作で命を落としてしまったようです。女性の1人であるAlinaさんは「すぐに救急隊に連絡したが手遅れで、どうすることもできなかった」とコメントしているとのこと。

バイアグラは心臓病の治療にも用いられることがあるように、陰茎に限らず一酸化窒素を介した血管拡張を促進する作用があるため、服用方法を誤ると副作用として血圧の急激かつ大幅な低下や、心臓への酸素供給に支障をきたす狭心症などがあらわれることがあるそうです。

そのため、大量に服用しすぎると心臓や内臓系にかなり負担をかけ、最悪Sergeyさんのように命を落としてしまう可能性もあるため、服用には注意する必要がありそうです。

引用元:http://gigazine.net/news/20090227_massive_viagra_make_man_collapses/

世界的にも有名なED治療薬「バイアグラ」による死亡事故です。

バイアグラは基本的に、1粒飲んだら24時間は間隔を空ける必要がありますが、このケースでは、短時間かつ大量摂取するという絶対に真似をしてはいけない危険な飲み方をしています。

バイアグラの有効成分は「シルデナフィル」と呼ばれるものですが、日本人の場合だと、認可がおりてるのは1粒あたりに含まれてる25mg50mgまでです。日本人とは体格差がある海外では100mgまで認可がおりていますが、それ以上を一度に摂取するのはNGです。

そんな日本でも、医師の判断で100mgを摂取することを認める場合もありますが、それも医師の診断ありきなので、間違っても「50mgじゃ効かないから・・・」という個人的な判断で過剰摂取するのは止めましょう。

「病院に行く暇がない」や「海外の精力剤を使いたい」などの理由から、個人輸入のサイトを利用して精力剤を購入しようとしてる人は、特に注意が必要です。ネット上で出回ってるバイアグラを始めとした医薬品の半分以上は偽造品と言われています。

医薬成分が一切含まれていないような精力剤なら、健康被害にまでは発展しませんが、逆に規定値をはるかに超えるほどの医薬成分を偽って配合していた場合、見た目では判断がつかず、意図せず過剰摂取するという形になってしまいます。

ちなみに、アルコールも大量に飲んでいた場合は、バイアグラの効果がしっかり発揮されないだけでなく、更に危険度が増してしまうので、お酒はほどほどにしておきましょう。

お亡くなりになったsergeyさんが、一体どれほどの量のバイアグラを飲んだのかは不明ですが、ED治療薬を使用する場合は、必ず医師からの注意をよく聞き、用法用量を守るのが鉄則です。

トップへ戻る↑