精力剤被害サーチのサイトロゴ

精力剤とはどういったものかを簡単に解説しています。

精力剤被害検索

商品件数152件!

情報件数900件!

精力剤とは

「精力剤」といえば、みなさんどんなイメージをお持ちですか?

日ごろから精力剤にお世話になってる人にとっては、「コンプレックスを解消してくれる、夜の生活に欠かせない必須アイテム」と考えてると思います。まだ、精力剤を使ったことの無い人にとっては、「副作用とか聞くし少し手を出しにくい」というイメージを持ってる方もいるかと思います。

性別でそれぞれ異なる精力剤

精力剤には、男性であれば「精力増強」「ED(勃起不全)改善」「早漏改善」「ペニス増大」など効果があり、精力を高めたり、性機能を改善してくれるものとして利用されています。

もちろん男性だけでなく女性用の精力剤もあり、精力剤というよりは「媚薬」と表現したほうがピンと来るかも知れません。こちらは、「不感症」「冷感症」「精力減退」などの改善効果があるもので、基本的に感度を上げるものや、性的興奮を高めたり、分泌物を増やす作用のものがあります。

媚薬には、ドリンク、錠剤のような服用するタイプのものだけでなく、ローションやクリームなど性器に塗るものなど、形状が色々あって、使われてる成分によってもそれぞれ効果の程度が異なります。

知られていない女性用バイアグラ「フリバンセリン」という薬

2015年8月18日に米食品医薬品局は女性用バイアグラである「フリバンセリン」を薬剤として許可を出しました。女性の性欲を向上させることを目的に開発された薬剤を許可したのは初めてです。

女性の後天性・広汎性の性的欲求低下障害の症状である性欲減退を改善することができます。性欲の減退が原因でパートナーとの関係に異常が発生したり、ストレスが溜まることも多いそうで、それらの改善を行うために使うようです。

薬ですので許可を受けた薬局でしか購入することはできませんので、個人輸入を利用して購入するしかありません。フリバンセリンはアルコールと併用すると失神や過度な低血圧など副作用があります。まだ、許可を受けたばかりの薬ですので、しばらくは様子を伺っていた方が賢明でしょう。

また、女性の性欲を向上させるとして、男性が無理やり女性に飲ませたりの悪用が懸念されています。

精力剤はどこで売ってる?

そんな精力剤ですが、実際に店舗販売している精力剤の専門店だけでなく、実はドラッグストアやコンビニにも置いてあります。コンドームと同じように、ドリンクタイプの精力剤は大体取り扱ってるので、一発気合を入れるときに便利かも知れませんが、正直人前で購入するの恥ずかしいですよね。

ネット上であれば、精力剤の通販サイトや専用の販売サイトが数多くあり、サプリメント感覚で気軽に使える精力剤から、ED治療薬のような医薬成分が含まれたものまで様々なものを入手する事が出来ます。手にとって見ることは出来ませんが、色々な情報を参考にしつつ、人目を気にせずじっくりと自分にあった精力剤を探す事が出来るのがメリットと言えます。

個人輸入の精力剤や悪質業者に要注意!

精力剤を使ったことがなく、今から購入を考えてる方が特に覚えておいてもらいたいのが、「ネット上に存在する精力剤は危険なものが多い」という事実です。精力剤を服用する方は年々増加傾向にあり、それに伴って偽の精力剤を扱う悪質な業者も増加しています。

精力剤を購入する際、「別に健康被害にあってもいいや」と考える人はまずいないでしょう。

そうして自分なりに注意しながらも、気づけば悪質な業者が運営しているサイトを利用してしまい、テレビのニュースや新聞の記事に載るほどの大きな事件にならなくても、小さないざこざやトラブルは巻き込まれてるケースは頻発しています。

精力剤を利用した被害報告例

・精力剤を前払いで購入したのに、いつまで経っても商品が届かず、販売元に連絡しても一切つながらない。

・精力剤を使用してひどい動悸と頭痛に見舞われ、その後、数日間は下痢に悩まされた。

・短期間でサイズアップ!という公告につられて購入したけど、まったく効果がなかった。

実際に精力剤被害にあった方の話でよく耳にするケースの例です。

ありがちな金銭トラブル、不純物混入か規定値以上の医薬成分配合による副作用など、アナタの身にもこういった被害に遭遇する可能性があることだけ、留意しておいて下さい。

トップへ戻る↑