精力剤被害サーチのサイトロゴ

精力とは、肉体や精神の活動力を表していて「性欲」とも違いがあります。

精力剤被害検索

商品件数152件!

情報件数900件!

精力とは

「精力がつく食事」「精力減退」「精力が強い」などのワードをよく目にしますが、そもそも「精力」とはいったいどのいうものなのか、管理人はイマイチ理解せず曖昧に使っていたので、調べてみました。

精力の定義

「精力」の意味を国語辞典で調べてみると「物事に力を尽くすこと」「活動の基になる力」「精神や肉体の活動する力」などとあります。「精力的な人」や「精力的に働く」と言われるように、精力は「肉体的、精神的な元気や活力」を表しているようです。なので、「精力をつける」という場合は、男性だけでなく女性にも使えますね。

しかし精力といえば一般的に、性能力や生殖能力といった「性的」な解釈で使われてるほうが多いようです。なので中折れしたり、だんだんと勃起力が落ちてるといった悩みを抱えているEDの人も「精力が衰えてきた」という表現になりますね。

また、いつからかは分かりませんが、昔は「せいりょく」ではなく「せいりき」と呼ばれていたそうです。

精力と性欲の違い

よく同じような意味合いで使われてる「性欲」という単語もありますが、これは「性行為に対する欲求」を表しています。なので「性欲がない」という場合は、性に対して関心が薄かったり、性的な刺激を受けても興奮しないという状態が当てはまります。

つまり、「ちゃんと身体が反応して性行為は問題なく出来るけど、そんな気分じゃない」という場合は「精力があっても性欲がない」というように表現でき、「性行為したいけど、身体がついてこない」という場合は「性欲があっても精力がない」という事になります。

ちなみに性欲は、男女ともに体内のホルモンが影響していると言われています。男性の性欲は男性ホルモンだけ関係していますが、女性の性欲は4つものホルモン(エストロゲン、プロゲステロン、オキシトシン、テストステロン)が影響しています。

精力剤で精力や性欲をつけるには

精力剤で精力をつけるにしても、「強壮剤」や「強精剤」など色々と種類があって効果も違うので、目的によってどの精力剤を使用するか使い分ける必要があります。

性欲も精力も向上させたい人は、「強精剤」が最も効果的ですね。管理人の知ってる商品でいうと、第1類医薬品の「プリズマホルモン精」「金蛇精 (きんじゃせい)」なんかが強精剤に分類されます。いずれも性ホルモンが主成分になっていて、精力減退や男性更年期障害の症状改善の効果が期待できます。

また、ED治療薬(勃起薬)は勃起力を高める効果があるので精力をつけることが出来ますが、性欲に対しては全く作用しないので覚えておきましょう。

トップへ戻る↑