精力剤被害サーチのサイトロゴ

即効性のある精力剤は、原材料を見て判断するのが最も確実です。

精力剤被害検索

商品件数152件!

情報件数900件!

即効性がある精力剤の見分け方

精力剤は、飲んですぐ効果があらわれる「即効性がある」ものと、1~3ヶ月ほど飲み続けて効果が発揮されるものの2種類に分けることができます。今日は、その2種類の確実な見分け方をご紹介します。

即効性があるかどうかは「原材料」で見極める

コンビニで主に販売されてる、精力ドリンクや精力剤がありますよね。いかにも即効性のありそうなキャッチコピーが書いてあったりして、基本的に1度だけの使いきりタイプという形で販売されています。

しかし、使いきりタイプだから「即効性があるはず」という考え方は安易と言えます。

滋養強壮ドリンクなどにありがちな、なんとなく体が元気になったという効果はもちろん感じられる可能性はありますが、コンビニレベルであれば勃起力が向上する、持久力がつくといった直接的な即効性はまずありません

では、具体的な見分け方についてお教えします。商品のラベルなどを確認すると、原材料名の欄に配合してる「素材」や「成分」が書かれてるので、その情報を見て即効性の有無を判断しましょう。そこに偽りの情報が書かれていた場合はどうしようもありませんが、商品形態やパッケージなどに惑わされないこの方法が、最も確実です。

即効性のある成分・素材

即効性がある精力剤というのは、ほぼ間違いなく以下のような医薬品成分が含まれています。逆にこれらの成分が含まれていなければ即効性は望めないと覚えておきましょう。

いずれもED治療薬に使われる有効成分や、怪しい漢方精力剤に含まれてることの多い成分ですね。日本においては、一般販売が規制されてたり、基本的に病院に行かないと入手できません

ヨヒンビン、シルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィル・・・etc

即効性がない成分・素材

即効性がないものに関しては、基本的に健康食品(サプリメント)に利用されてる素材や成分が該当します。コンビニで販売されてたり、通販サイトなどでよく見かける「精力サプリメント」と呼ばれるものは即効性がないというわけです。

ポイントは、これらの素材を手当たり次第に大量に配合したり、成分バランスを考えた最高の組み合わせだったとしても、直接的な即効性は100%ありえないということです。

トンカットアリ、マカ、シトルリン、ムイラプアマ、クラチャイダム、冬虫夏草、高麗人蔘、亜鉛、赤ガウクルア・・・etc

副作用を取るか、安全性を取るか

本当に即効性のある精力剤というのは、1度だけの利用なら安く抑えられますし、毎日飲み続ける必要がないので使い勝手がいいですよね。さらに、目に見えて効果が現れるものがほとんどなので、状況によってはこっちを使った方がいいケースがあります。しかし、副作用は基本的に避けられず、根本的に精力を回復させることが出来ません

逆に、即効性のない精力剤のメリットは、根本的な精力回復ができ、健康によく、値段が安く、副作用が一切ない、などがあります。即効性がないということだけを除けば、どちらかというとこっちの方がオススメではありますね。

ちなみに、「即効性がある」=「副作用がある」ということなので「副作用はなくて即効性がある!」と謳ってる精力剤を見かけたら疑いましょう。分析センターで成分を調べてもらったら医薬品成分が検出されるか、即効性が全くないかのどちらかに当てはまるはずです。そんな都合のいい精力剤は、管理人の知るかぎりではまだこの世に存在しませんからね。

トップへ戻る↑