精力剤被害サーチのサイトロゴ

ヨヒンビンの効果や副作用について解説しています。

精力剤被害検索

商品件数152件!

情報件数900件!

ヨヒンビンの効果と副作用

ヨヒンビンは、精力剤に詳しい人は何度か聞いたことのある成分だと思います。主に催淫剤や勃起機能改善のために用いられ、効き目が強力な分、危険な副作用を発症する可能性もあることから、日本では医薬品成分として扱われています。

ヨヒンビンについて

ヨヒンビンとは、西アフリカ原産の、アカネ科の植物「ヨヒンベ」の樹皮から発見された成分です。アフリカの現地民からは、ヨヒンベの樹皮を乾燥させ、お茶にして服用したり、そのまま口にするなどして精力剤として利用されていた歴史があります。

日本では劇薬に指定されるヨヒンビンですが、海外では医薬品としてでなく、健康食品(サプリメント)として販売されることがあり、個人輸入で入手した海外サプリメントを利用して健康被害が発生してる問題は多々あります。精力剤だけでなくダイエットサプリでの被害も報告されていますね。

ヨヒンビン(ヨヒンビン塩酸塩)を含有するサプリメントに対する注意喚起は、日本の厚生労働省だけでなく、カナダ保健省、オーストラリアTGA、香港衛生署など各国の機関でも頻繁に行われています。

ヨヒンビンの効果

先ほども話したとおり、ヨヒンベから抽出された成分がヨヒンビンです。海外ではヨヒンベ粉末を配合したサプリメントも販売されていて、「ヨヒンベ」として摂取するのか、「ヨヒンビン」として摂取するかで効き目が全く違ってきます

ヨヒンベを少量配合しているだけの商品に対して、全く効果がないと指摘されていますね。逆にヨヒンビンは摂取量の調整を誤ると、非常に危険な副作用を引き起こす可能性があるので、素人判断で摂取するのは絶対に止めましょう。

一般的に知られてる効果には以下のようなものがあります。

ED(勃起不全)改善、性欲増進

ヨヒンビンは、バイアグラやレビトラといった最近のED治療薬よりも前から、民間療法などで利用されていて、「交感神経α2受容体」の遮断作用により、結果的に陰茎の血管拡張作用が発生し、勃起を手助けします。また、「セロトニン」に対する拮抗作用もあることから、心因性EDにも効果があるといわれています。

催淫剤としても利用されているので、性的興奮を増進させる効果もあるのですが、興奮を鎮める因子をブロックするように作用するので、別に性欲が増えたりはしないとのことです。

ダイエット効果

ヨヒンビンは、精力剤としてでなくダイエット効果を謳うサプリメントでもよく使われてる成分です。健康被害が報告されてる割合は、ダイエット食品によるものが多いほどです。

クリームやジェルタイプのヨヒンベ配合商品があり、脂肪分解を促進したり、脂肪燃焼効果があるとして、お腹周りなどの脂肪を落としたいところ塗る事で副作用なく「部分痩せ」ができるという痩身効果もあります。ただ、部分的な脂肪分解ついての科学的根拠は全く無く、「そういった効果は一切ない」と主張する意見が多く見られますね。

また、サプリメントとして口径摂取することで、食欲減退によるダイエット効果も期待できるのですが、これは性欲増進作用によるただの副作用です。身体に備わってる食欲を無理やり減少させ、無理やりコントロールするというのは、身体に多大な悪影響を及ぼしかねない危険な方法なので、絶対にオススメはしません。

ヨヒンビンの摂取目安量は?

当サイトでは、ヨヒンビンの摂取は副作用を伴うのでオススメしませんが、一体どの程度摂取したら危ないのか調べてみました。

とりあえず、厳密に定められた摂取目安量は見当たりませんでした。なので、ヨヒンビン配合サプリを比較してみたところ、海外製のものがほとんどですが、1カプセル当たり「2.5mg」2~3カプセル摂取が一般的のようでした。日本人の場合は1カプセルだけで十分という注意書きもちらほらありましたね。

また、日本企業の「大東製薬工業株式会社」から勃起障害改善薬の「ガラナポーン」という要指導医薬品が販売されています。添付書によれば、1錠に15mgのヨヒンビン塩酸塩が含まれ、1日で45mg摂取することになるのですが、他のページでは1錠あたり5mg含まれてるとも書かれてたので、どちらが正しい数値なのか分かりませんでした。

まとめると、目安の摂取量として5mg以下であれば大きな健康被害に発展しないと考えてよさそうです。ちなみに、「ヨヒンベ」として配合されてるものには「500mg」前後が多く見られました。このヨヒンベかヨヒンビンで違いかで大きな差がでるので、原材料と含有量の確認は必須ですね。

ヨヒンビンの副作用

冒頭でも少し触れましたが、ヨヒンビンには以下のような副作用があります。また、ヨヒンビンは低用量のほうが本来の効果を発揮し、多く服用することでその効果が強まったりはせず、逆に危険性が高まるという特徴があります。

神経興奮、震え、心拍数の増加、動悸、血圧上昇、吐き気、頻脈、頭痛、不安、めまい、嘔吐、振戦、食欲不振、発疹、発赤、発汗、虚脱感、幻覚、腎不全

基本的に小児、妊娠中、授乳中の方は摂取を禁止されています。その他にも、狭心症、抑うつ、他の精神疾患、心臓病、高血圧、腎臓病、肝疾患、不眠、過敏症の方は医師に相談するか、摂取を避ける必要があります。

もし、大量摂取してしまった場合は、「痙攣」「呼吸麻痺」「心停止」といった症状が発症する可能性があり、過去には、大量摂取により延髄麻痺で死亡したという報告もあります。

利用する精力剤によっては、「ヨヒンベ」や「ヨヒンビン」といった形で成分欄に表記されておらず、無意識のうちに体内に摂取してしまう恐れがあるので、非常にやっかいといえます。

そもそもヨヒンビンは、長期間の服用は危険とされているので、一定期間のみ続ける必要のあるサプリメントに入ってること自体、おかしいと言えますね。

短期間で効果を発揮する精力剤で、間を空けて使用していたとしても長期間の摂取には変わりないので、医師の診断、処方箋なしにヨヒンビンを摂取することはオススメしません。取り返しのつかない健康被害にあった後では手遅れですからね。

トップへ戻る↑