精力剤被害サーチのサイトロゴ

シトルリンの効果や副作用について解説しています。

精力剤被害検索

商品件数152件!

情報件数900件!

シトルリンの効果と副作用

シトルリンはペニス増大系の精力剤で、必ずといってもいいほど含まれる成分ですが、具体的にはどういった効果があるのか、副作用はどういったものが考えられるのかについて、まとめてみました。

シトルリンについて

シトルリンとは、昭和5年(1930年)に日本で見つかった成分で、スイカの中から発見されました。そのため「シトルリン」という名称はスイカの学名(Citrullus vulgaris)にちなんでつけられています。

シトルリンはアミノ酸の一種で「スーパーアミノ酸」なんて呼ばれ方もしてますが、厳密にはたんぱく質と結合していないため「遊離アミノ酸」に分類されます。そして、もともと医薬品成分として扱われていましたが、日本では2007年8月17日から非医薬品リストに追加されたので、健康食品などで気軽に摂取できるようになりました。

海外では、日本よりも前からシトルリンをサプリメントとして利用していて、疲労回復や健康増進だけでなく、筋肉を増強したり運動量を高めるといった、アスリート向け商品に用いられるほど有用性のある人気の成分なのです。

シトルリンの効果効能

シトルリンといえば、一酸化窒素の生成による血流改善が最も有名ですね。実際にもたらされる効果も血流の改善によるものが多く精力増強、筋肉増強、冷え症改善、疲労回復などがあります。

精力増強

体内に摂取したシトルリンは「アルギニン」に変換されるのですが、その際に、「一酸化窒素(NO)」を生成します。この一酸化窒素は硬くなった血管をしなやかにして拡張する働きがあるので、結果的に血流改善にいいというわけです。また、シトルリンからアルギニンへ再変換される際にも一酸化窒素を生み出します。

そして勃起は、海綿体に流れ込む血液によりもたらされますが、この血流改善により精力増強にも効果があると言われています。健康体になることで全身が元気になり、性欲も多少は増すかも知れないですね。

ただ、あからさまに増大効果を謳う、悪質な精力剤には注意してください。シトルリンだけでペニスを成長させるのは不可能です。仮に大きくなったとしても増大というより、EDのような不完全だった勃起が100%勃起するようになるだけです。

筋肉増進、疲労回復

シトルリンが血管が強く丈夫にすることで、筋肉繊維そのものが太くなるので、筋肉増強にとても有効と言われています。

さらに、シトルリンは「成長ホルモン」の分泌を促す効果があると言われています。成長ホルモンは骨を作ったり、筋肉を作る働きがあり、筋トレなどで損傷した筋肉を運動後や睡眠中に修復するので、筋肉組織を増大させる作用が強まるというわけです。

また、筋肉疲労により発生した「アンモニア」を肝臓で解毒し尿素に作り変えたり、疲労物質でおなじみの「乳酸」を減らす効果があるので、筋肉痛を軽減させたり、疲労回復にも効果があります。

シトルリンの副作用

医薬品成分から健康食品になったくらいなので、基本的にシトルリンに副作用はありません。アレルギーの方や過剰摂取をしなければ安全といえます。

しかし、「シトルリン血症」と呼ばれる病気を患ってる方は摂取を控える必要があります。アンモニアを尿素に変える過程に異常をきたし、血中のアンモニア量が増加して、成人であれば精神症状、けいれん、肝不全など多種多様な病気を引き起こすというものがあります。稀な病気ではありますが、もしかしたらという事もあるので注意しましょう。

また、血管を拡張する事で血圧が下がる可能性があるので、「降圧剤」を服用してる方も摂取しないよう注意してください。むしろ、血管に病気がある人は医師などに相談したうえで利用するするのがよさそうです。

トップへ戻る↑