精力剤被害サーチのサイトロゴ

インヨウカク(淫羊霍)の効果や副作用について解説しています。

精力剤被害検索

商品件数152件!

情報件数900件!

インヨウカク(淫羊霍)の効果と副作用

インヨウカク(淫羊霍、正しくは淫羊藿)は、漢方系精力剤で使われてることが多い生薬です。日本やドイツでは医薬成分として扱われていて、健康食品と称して販売している商品からたびたび検出されていますね。もちろん副作用もあります。

インヨウカク(淫羊霍)について

インヨウカクの元になる「イカリソウ(碇草)」はメギ科の多年生植物です。原産国は中国ですが日本でも栽培されたり自生しています。主に九州や四国に広く分布する「バイカイカリソウ(梅花碇草)」や、北海道、近畿以北の日本海側に分布する「キバナイカリソウ(黄花錨草)」など、イカリソウは20種以上あり、生薬だけでなく観賞用に使われることもあります。

そして生薬としてのインヨウカクは、元々中国のホザキノイカリソウ(穂咲碇草)の事を指し、日本のイカリソウは和淫羊霍と呼ばれることもあります。

また、インヨウカクの成分は「イカリイン」「リグナン」「マグノフロリン」「エピメジン」などがあります。正直、聞きなれない成分ばかりですね。

ちなみに淫羊霍という名前についてですが、その昔中国で、羊がホザキノイカリソウを食べて、百回以上交尾したという逸話から、このインヨウカクという名前がついたと言われています。

インヨウカク(淫羊霍)の効果

インヨウカクは、強精・強壮効果が有名で、催淫作用や男性の性機能改善関節痛などに効果があります。医薬品成分とはいえ、即効性はそれほど期待できないので、基本的に時間をかけて身体に作用していきます。

全てのイカリソウに含まれる、フラボノール配糖体のイカリインという成分は、ED治療薬と同じ作用があることで知られています。

ひとつは、一酸化窒素の生成を促進して、血管をしなやかにしたり拡張することで下半身に血流改善の効果がみられます。それと、勃起を鎮めるために必要な「PDE-5(ホスホジエステラーゼ)」を阻害する作用もあるのですが、最近のED治療薬よりかはその作用が弱いのが特徴です。

また、エピメジンという成分は性ホルモンを分泌を促進する効果があり、インヨウカクの煎液には、催淫作用があると言われています。

インヨウカク(淫羊霍)の副作用

インヨウカクの副作用には「めまい」「吐き気」「口渇」「鼻出血」などがあります。体質によっては、適量を摂取しただけでも副作用を引き起こす可能性があります。

また、一般用医薬品なので、処方箋などは必要とせずに購入する事ができ、インヨウカクを配合してる有名な商品で言えば第2類医薬品の「薬用養命酒」がありますね。一日の摂取量で114mgのインヨウカクが含まれています。

インヨウカクは、粉末状態や未加工の状態で購入する事もでき、自宅で煎じて飲んだり、お酒として利用されることもありますが、分量を間違えて多く摂取してしまうと、予期せぬ副作用や健康被害を招く恐れがあるので、取り扱いには十分注意する必要があります。

トップへ戻る↑