ゴクシュラ(gokshura)について

ゴクシュラ(gokshura)の商品画像

ゴクシュラ(gokshura)の商品説明

副作用神経系、筋肉、肝臓及び腎臓への影響が報告されております。
使用方法1日2錠1日2回に分け、医師の指示に従って水、またはぬるま湯で服用してください。
成分・素材ハマビシエキス
販売元Himalaya Healthcare
価格1,860(税抜)

※調整中のためチャートは機能していません。

ゴクシュラの主成分であるハマビシの果実は医療成分であり、個人輸入薬事法に抵触するため購入先のURLは記載しておらず、効果効能についても記述しておりません。また、当サイトでは個人輸入サイトを介して医薬品を購入する行為を推奨しておりません。

(※価格はアメリカAmazonの価格(16.99ドル)を1ドル110円換算で計算したものです)

↓管理人よりリサーチ済みです↓

ゴクシュラ(gokshura)の管理人コメント

ゴクシュラはインドのヒマラヤハーバルズ(Himalaya Healthcare)社が販売している精力剤ですね。ゴクシュラはハマビシという薬草で作られており、これが男性の勃起を即し、EDを改善するようです。

ハマビシというハーブはあまり聞いたことのないですが、インドの民間療法「アーユルヴェーダ」にも記載されており、インドだけでなくアメリカやヨーロッパなどで使用されています。

ただしそれはサプリメントとしてではなく「医薬品」としてです。

内閣府の食品安全委員会ではハマビシを使ったサプリメントに対して以下のような注意を呼び掛けています。

ハマビシの「果実」は、日本では医薬品成分とされており、いわゆる健康食品や食用に供することは禁止されています。

そして、ハマビシには、神経系、筋肉、肝臓及び腎臓への影響が報告されており、ハマビシの草木部分についても、一部のEU加盟国は食品サプリメントへの使用は安全でないとして流通を禁止しています。

引用:内閣府 食品安全委員会 「ハマビシ」を含むサプリメントに注意

同様にスペインにおいてもハマビシをサプリメントとして使用する危険性についてのレポートを公開しています(原文は削除済み)。

このような報告が上がっているにも関わらず、多くの個人輸入会社や紹介サイトでは「天然のハーブなので副作用はない」などと記載しています。

天然のハーブが安全ならアヘンだって天然ですので安全なはずですよね?天然物でも危ないものは危険なのです。

重大な健康被害を受けたくないならゴクシュラは服用すべきではないでしょう。

なお主成分のハマビシですが日本でも自生しています。ですが、「絶滅危惧IB類」としてレッドリストになっていますので目にする機会はほぼないですね。

 

↓管理人よりリサーチ済みです↓

安全に購入できるサイトはありません