百凱王(ひゃっかいおう)について

百凱王(ひゃっかいおう)の商品画像

百凱王(ひゃっかいおう)の商品説明

副作用現在、百凱王に副作用の報告は寄せられていません。
使用方法1日3粒を目安にお召し上がりください。 吸収率が高まる食後(朝夕どちらでもよい)
成分・素材百歳山参、L-アルギニン、黒マカ、L-シトルリン、ムクナ、ソイポリア、亜鉛酵母、クラチャイダム、赤まむしエキス、すっぽんエキス、ガジュッツ末、ローヤルゼリー、ブラックカラント、田七人参、トンカットアリ、大棗、冬虫夏草、ウコン、牡蠣エキス、豚睾丸エキス、L-リジン、蜂の子、ガラナ、羅漢果、アカガウクルア、ワイルドヤム、ノコギリヤシ、エゾウコギ、ボスウェリア、アムラ、ニーム葉エキス、MSM、L-オルニチン、L-アスパラギン酸、サケ白子抽出物、イチョウ葉エキス、レスベラトロール
販売元株式会社ユーピーエス
価格8,800(税込)

※調整中のためチャートは機能していません。

栄養が豊富なことで有名な高麗人参ですが、実は高麗人参の仲にもランクがあります。

その頂点に君臨するのが天種山参なのです。

天種山参は高いもので時価1億円もするものもあり、その天種山参を粉末化した百歳山参を配合しているのが百凱王(ヒャッカイオウ)です。

百凱王(ひゃっかいおう)の管理人コメント

正直、またか...と感じる精力剤です。公式ページを見てもらうと配合されている成分にしても、公式サイトのデザインにしても、定期コースの仕組みにしてもやはりどこかで見たことのなるものです。

さて、百凱王の中身についてですが、一番のアピールポイントは百歳山参のようですね。
高いものだと時価1億円もすると書かれていますが、もちろんその1億円の素材が使われているわけではありません。
値段や定期コースの初回が無料なのを考えると、無料でもやっていける程度の質と言うことになります。

ちなみにですが、百歳山参が時価1億円という事実はありません
今までで最も高く値が付いたのは4400万であり、その時の百歳山参の長さは約2mでした。
こんなに高い値が付いたのは天然物の百歳山参が「縁起物」だからです。

ちなみに普通の百歳山参の価格は約3000円~4000円とかなり安いです。

DHCのエディソンも百歳山参を使っていますが、こちらも百歳山参が超高級品のようにアピールしています。
どちらも山参を1億もするような表現をしている時点で信用はないも同じです。

他の成分についても、37種類もの成分が配合されているため成分1つあたりはほんの微々たるものでしょう。
到底効果を得られる量の成分が配合されているとは思えません。
そう考えると先ほどの百歳山参も本当に少しでしょう。どこを探しても内容量についての記載がなかったので、断定はできませんが。

そして、一見魅力に感じる実質初回無料という言葉。しかも、2ヶ月目からも6,950円で買うことができますが、ちょっと待ってください!
このプラチナコースは最低3ヶ月使用しなければなりませんので、もし初回で副作用を感じることがあったとしても残り2回分の金額は払い続けなければいけません。

さらに怖いのが、3回分払い終わってプラチナコースをやめようと思っても電話が繋がらないとなると、その次も払い続けなければいけません。

お気を付けください。