ビガリスブースターについて

ビガリスブースターの商品画像

ビガリスブースターの商品説明

副作用現在、ビガリスブースターに副作用の報告は寄せられていません。
使用方法1日1カプセル~3カプセルくらいを目安に、水又はお湯などとともにお召し上がり下さい。
成分・素材マカエキス末、トンカットアリ濃縮エキス末、ライチ由来低分子ポリフェノール、ドラゴンフルーツエキス末、ビール酵母(亜鉛含有)、高麗人参、シシウドエキス末、コーンスターチ、ムクナエキス末、ショウガ末、トウガラシ末、HPMC、L-アルギニン、クエン酸、カフェイン、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、ビタミンE、着色料(酸化チタン)
販売元株式会社ウイッツジャパン メンズサプリ通販サイト「おとなびと」
価格9,980(税込)

※調整中のためチャートは機能していません。

精力剤の原料で人気のトンカットアリ、マカ、亜鉛など男の活力をサポートする成分をバランス良く配合した国産の精力サプリメント(精力剤)です。

男性の悩みを研究する製薬会社「芳香園製薬」が開発した最新の精力剤サプリメントには、話題のドラゴンフルーツをはじめ男性の健康に役立つ安心な植物成分がたっぷり配合されています。

アミノ酸、ビタミン、ミネラルを絶妙なバランスで配合することで身体の酸化を防ぎ、男性ホルモンの生成をサポートすることで、無理なく精力増強することが出来ます。

身体のめぐりも改善していくことで、一時的なその場しのぎの効果ではなく、根本から悩みを解決できます。

↓管理人よりリサーチ済みです↓

ビガリスブースターの管理人コメント

安全性を重視するなら必要最低限の条件とも言える「国産」の精力剤ですね。ただ、数ある国産の精力剤の中でも、一部とはいえ配合成分量を公開してるビガリスブースターはなかなか珍しいと思います。

メインに配合されてるのは、トンカットアリですね。その他の主力は「マカ」「アルギニン」などがあります。そして、成分表示には「トンカットアリ濃縮エキス5,000mg(原末換算)」と書かれていますね。これだけ見るとトンカットアリが大量かつ一番多く含まれているんだと思ってしまいがちですが、実はそうではありません

内容量を見ると、1カプセル当たり328mgなので、当然、5,000mgがそっくりそのまま使われてるわけではなく、濃縮エキスで配合されていますね。そして、ビガリスブースターのパッケージにある正式表記の「原材料名」の欄では、「マカエキス末」が一番初めに表記されています。

これらの理由から、ビガリスブースターに一番多く含まれているのは「マカ」で、次に「トンカットアリ」という事になります。「だからなんだよ・・・」って人もいそうですが、これはかなり重要な事で、知らなかったという人も多いと思います。

実際に計算してみると、マカが原末換算で500mgと記載されていて、エキス末にした場合は抽出方法にもよりますが、必要量の100mgを圧倒的に下回るのはほぼ確定します。ということはトンカットアリはそれ以下という事が分かりますね。抽出方法にはさほど詳しくありませんが、トンカットアリ5,000mgもの粉末からどれほどの濃縮エキス末が採れるんでしょうかね・・・。

※参考までに、小林製薬のマカEXセットは2粒あたり原末換算4,800mg相当が含まれていて、実際の含有量はエキス末120mgです。

話は変わりますが、ビガリスブースターは2,980円(税抜)でお試しサイズを購入する事ができますが、あくまで体質に問題があるかないかを判断するために服用するものなので、過度に即効性や効果を期待しないようにしましょう。

副作用についてですが、気にする必要がある素材は使われていませんね。そもそも含有量が大したことなさそうなので、過剰摂取も気にする必要はないでしょう。摂取目安量として1~3カプセルが目安になってることが、何よりの証拠といえます。逆に3カプセル飲まないと、大した効果は得られない可能性大です。

 

↓管理人よりリサーチ済みです↓

一番安全なサイトでビガリスブースターを購入する