バリフについて

バリフの商品画像

バリフの商品説明

副作用バリフを服用することで、偏頭痛、 めまい、消化不良、鼻血、鼻水、鼻づまり、腰背痛、筋肉痛等の副作用が起きる可能性があります
使用方法性行為の前12時間以内の食後30分以内に水と一緒に10mgを服用します。場合によって最大20mgまで服用します。食事中に服用しても問題はありません。
成分・素材バルデナフィル(vardenafil)20mg
販売元Ajanta Pharma
価格3,000(税込)

※調整中のためチャートは機能していません。

バリフについて、薬事法に抵触するため購入先のURLは記載しておらず、効果効能についても記述しておりません。また、当サイトでは個人輸入サイトを介して医薬品を購入する行為を推奨しておりません。

このバリフはレビトラジェネリックのED治療薬でインドの製薬会社アジャンタファーマが製造販売しています。

レビトラと同一成分なので、効き目や持続時間は同じながら、レビトラの2割程度の価格で購入出来るため、とても経済的です。

バリフを服用する事で、陰茎の血流を促進して海綿体に大量の血液を送り出して勃起力を高め、長く維持する事が出来ます。

↓管理人よりリサーチ済みです↓

バリフの管理人コメント

バリフはED治療薬レビトラのインド製ジェネリックです。

現在の日本ではED治療薬はすべて医師との面談が必須であり、販売しておりません。よってこの商品も海外からの個人輸入で購入する必要があります。

ジェネリックというだけあって、「名目上」成分は同じです。が、その製造方法までは特許で現在でも守られています。よって、同じ成分でも効き目が全然違うというケースは少なくありませんので注意してください。

レトビア(20mg)は1錠辺りおおよそ2000円ですが、このバリフは1錠で200円~120円前後で手に入れることができるようです。

バリフは10mgと20mgがあり、もし20mgを使う場合はまず、カッターなどで半分に切って使うことを推奨します。残りの半分はサランラップなどに包んで冷蔵庫に保存するようにしましょう。

レビトラのジェネリックとしてはバリフの他に「ジェビトラ」「ブリトラ」「サビトラ」「バリフゼリー」などがありますが、副作用や費用のことを考えるとバリフが最も優れていますね。

ちなみに、インド製ジェネリックは11月中旬頃になると発送が遅れる可能性が高くなります。これはインドの正月が11月にある為で、発送する人がその期間は休む可能性が高いからです。

もっとも、海外からのED治療薬なんて、保証などの面から購入するべきではないです。詳しくはED治療薬の個人輸入についてをご覧ください。

 

↓管理人よりリサーチ済みです↓

安全に購入できるサイトはありません