タドラについて

タドラの商品画像

タドラの商品説明

副作用頭痛、消化不良、めまい、鼻水、腰背痛、筋肉痛などが報告されています。
使用方法性行為の前、食後30分以内に水と一緒に10mg-20mgを服用てください。
成分・素材adalafil(タダラフィル)20mg
販売元German Remedies
価格1,200(税抜)

※調整中のためチャートは機能していません。

タドラについて、薬機法(旧薬事法)に抵触するため購入先のURLは記載しておらず、効果効能についても記述しておりません。また、当サイトでは個人輸入サイトを介して医薬品を購入する行為を推奨しておりません。

↓管理人よりリサーチ済みです↓

タドラの管理人コメント

タドラもバリフやメガリスと同じくインドで販売されているジェネリックED治療薬ですね。主成分がタダラフィルなので元となった薬はシアリスです。

一応、効果効能や副作用、注意点はシアリスと同じだと考えられています。医療成分であるタダラフィルが勃起を萎えさせるPDE-5の働きを邪魔するので、ペニスに血が流れやすくなり、ずっと勃起を維持できるというわけです。

最初に血がペニスへ送る必要(性的な刺激)がありますが、それさえあれば勃起をすることは簡単になりますね。

ただしこれはシアリスの話。インドのジェネリック医療薬は「成分は同じだけど製法が違う」という特徴があります。この辺りはインドの法律に関わることなので詳しくは省略しますが、一言で説明するなら、「成分や配合量の特許は緩いけど、製造方法に関しては未だ特許などで守られている」のです。なのでインドの製薬会社が販売するジェネリック品は同じ成分でも効果が若干違うのです。ひどい場合は副作用ばかり強くなって効果がほとんどないということもありますね。

それに個人輸入は自身が直接インドへ購入しなければ十中八九偽物を購入してしまいます。成分分析の鑑定だって、提出品だけ本物を使い偽物を販売すればいくらでもごまかせますよね?

個人輸入は厚生労働省から「購入しないように注意勧告」が出されています。

Q:個人輸入代行業者を介して海外から医薬品などを入手することは、医薬品医療機器等法上は問題ないですか。

A:最近、個人輸入代行と称して、外国製の医薬品や医療機器を広告して、それらの購入を誘引する仲介業者がいます。
しかし、日本の医薬品医療機器等法に基づく承認や認証を受けていない医薬品や医療機器の広告、発送などを行うことは、違法な行為です。また、何かトラブルが生じても一切責任を負おうとせずに、全て購入者の責任とされます。

こうした悪質な業者には、くれぐれもご注意ください。

引用: 厚生労働省~医薬品等の個人輸入に関するQ&A

(※赤字はこちらで協調したものになります。)

このように、個人輸入は立派な違法行為なのですよ。現在でも見逃されているのは「この薬がないと生きていけない、病気を治せない」という人がいる為であり、こういった人を救うために存在するのが本来の個人輸入会社なのです。
その本質を忘れ、やれED治療薬だのハゲ治療薬など、日本でも簡単に購入できるものを「安い」「手軽」だのと言って医療品を販売している時点で全て悪質な業者と言えるでしょう。

万が一大きな副作用で危篤な状態に陥った場合でも、国は一切保証をしません。国が保証をしないようなものを保険会社が保証するわけもなく、たとえどんなに重い障害が残ったとしても誰もあなたを助けてくれません。

ED治療薬の個人輸入は命に別状はないですし、病院へ行けばバイアグラやシアリスなどの正規のED治療薬が簡単に手に入ります。どうしても勃起させたい。だけど恥ずかしいという方はぜひ日本で販売されている精力剤を使用することを強く推奨いたします

 

↓管理人よりリサーチ済みです↓

安全に購入できるサイトはありません