精力剤被害サーチのサイトロゴ

ED治療薬の副作用は、薬の種類や摂取量、体質によって様々な症状があります。

精力剤被害検索

商品件数152件!

情報件数900件!

ED治療薬の副作用

勃起不全、性機能障害の治療に用いられるED治療薬ですが、副作用の危険性があるというのは多くの方が知ってることだと思います。中には、ED治療薬での死亡事件や健康被害が報告されてることから、とても危ない薬という印象をお持ちの方もいるかと思います。

しかし、そういった事件の多くは、用法用量を無視した過剰摂取や、個人輸入を経由して入手した悪質な精力剤が原因となっている事が多く、正規に購入したED治療薬で多少の副作用が起こる可能性はありますが、いずれも一時的かつ軽度のものなので、危険性は非常に低いと言えます。

それでは、代表的な3つのED治療薬を例に、一般的に知られている副作用を紹介していきます。

バイアグラの副作用

バイアグラの副作用には、「頭痛」「めまい」「動悸」「目の充血」「顔のほてり」などがあります。特に、ED治療薬は共通して血管を拡張して、血流を良くする作用があるため、顔のほてりや頭痛といった副作用は、ほとんどの方が感じる症状とも言われています。

バイアグラの作用時間は最低でも5時間程度ですが、個々の体質やその日の調子にも左右されます。バイアグラの効き目が切れれば副作用も自然となくなりますが、その後も身体に異常を感じる場合は、必ず近くの病院やクリニックで診てもらいましょう。

レビトラの副作用

レビトラは、水に溶けやすい性質を持っていることから、バイアグラ、シアリスと比較して一番早くに効き目が現れて、効果や副作用も一番強いと言われています。

レビトラの副作用には、「胃痛」「めまい」「頭痛」「顔のほてり」「動悸」「目の充血」「鼻づまり」「視覚異常」などがあります。

シアリスの副作用

シアリスは上記2つのED治療薬と比べて、一番効き目がゆるやかで副作用も少ないと言われています。副作用は「顔のほてり」「鼻づまり」「筋肉痛」「関節痛」「目の充血」などがあり、最も多い症状は「頭痛」と言われていますね。

前にも述べたように、ED治療薬は人によってよく効いたり、効きにくかったりと、副作用の出方にもそれぞれ体質との相性があるので、影響が少ないと言われるシアリスが一番、副作用を感じるという方もいる可能性があります。

ED治療薬の副作用まとめ

上記に挙げた副作用は、あくまでED治療薬を使っても大丈夫と診断された人に起こりえる、一般的な副作用です。血圧に問題がある方や、ニトログリセリンなどの併用禁忌薬を服用している方は、もっと重度の副作用が起こる可能性があるので注意してください。

なので、ED治療薬は医療機関で医師の診断を受けて使用すれば、取り返しのつかない副作用に見舞われる可能性はないと考えていいと思います。

また、有効成分の摂取量の違いで副作用の度合いも異なるので、どうしても副作用が心配だという方は、バイアグラ25mgやシアリス5mgといった一番少ない量から服用を始めることをオススメします。摂取量を減らして効き目が落ちる分、副作用のリスクも低下するという事ですね。

トップへ戻る↑