精力剤被害サーチのサイトロゴ

精力剤被害検索

商品件数153件!

情報件数911件!

ED治療薬の個人輸入について

本来、ED治療薬は医師が一度診断をした後、病院から処方されるものであり、そう簡単に購入できるものではありません。

ですが最近、「個人輸入」という手法により、海外から安価なED治療薬やジェネリック医薬品が購入できるようです。現在では「個人輸入代行会社」が利用者の代わりに簡単に取り寄せてくれますね。

個人輸入とは一体どんなものなのか?果たして安全なのかを厚生労働省や税関の声明などを交え、わかりやすく解説していきましょう。

個人輸入とは

個人輸入とは一般的に「海外の製品を個人で利用する為に輸入する行為」ですね。海外旅行でサプリメントを購入・日本へ持ち帰る行為も個人輸入に該当します。厚生労働省では以下のように説明していますね。

個人輸入とは、「一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける」ことで特別に医師の診断を受けずに薬を使用することができます。

厚生労働省「医療品等の個人輸入について」より一部抜粋

これは元々、「日本で認可されていない薬だが、その薬を使わなければ治らない」「外国で治療を受け、薬を処方されたがその薬が日本では認可されていない」などといった特別なケースを想定した薬事法の抜け道なのですが、この抜け道を悪用している人たちが一部いるのが問題視されています。

その一部人たちというのが、俗にいう「個人輸入代行会社」です。

個人輸入代行会社とは?

個人輸入代行会社というのは「個人輸入の手続きを代行してくれる会社」のことをいいます。

例えば、インドで販売されているジェネリックED治療薬をあたなが欲しがったとします。個人輸入会社に依頼を行うと、インドにいるスタッフがあなた宛てに希望のジェネリックED治療薬を輸送してくるのです。この時、商品によっては日本政府から様々な書類を提出されるよう求められますが、その書類の提出も個人輸入代行会社がやってくれます。

なのであなたは普通の通販感覚でインドのジェネリックED治療薬を購入できるのです。

ここまで聞くととても魅力的に感じますが、これにはいくつか罠が存在しています。

個人輸入に潜む3つのワナ

薬事法(現在の薬機法)違反

なぜ薬機法違反なのかを説明する前に、とある団体について説明させてください。

その団体とは、アメリカの製薬会社圧力団体「レジットスクリプト」(LegitScript)。この団体は自身の権利を守る為、世界中で活動を行っており、日本の医師や製薬会社、ひいては日本政府すら怖がる団体。

そのレジットスクリプトが日本に対して以下のような提案書を提出しました。

個人輸入代行会社は薬事法第68条(承認前の医薬品等の広告の禁止)において、承認や認証を受けていない医療品の広告・発送は禁止している。即刻禁止すべきだ。

厚生労働省は部分的にではあるもののこれを支持しており、一部個人輸入代行会社のサイトを削除しました。

わかりやすく説明すると、「輸入代行とか言ってるけど、やっていることは実質違法な販売でしょ?」ということです。
もし代行会社が「販売ではない」というのなら、車を始めとしたさまざまな商品だって「個人輸入だから」と言えば関税を無視できてしまいます。レジットスクリプトの言い分は正しいですね。

つまり、個人輸入がいけない第一の理由が「薬事法違反」だということです。

個人輸入代行会社やそれに対してアフィリエイト報酬を受け取っているサイトでは「違法ではない」なんて説明しています。彼らは薬事法第68条をどう認識しているのでしょうかね。

これは余談ですが、精力剤被害サーチも過去にED治療薬を紹介したことがあるのですが、レジットスクリプトに目を付けられてサイトが数日間表示されなくなりました。本当に怖い団体ですよ。

個人輸入されたED治療薬には保証がない

個人輸入がいけない第二の理由は、「個人輸入で使った薬には保険や保証が効かない」という点です。

厚生労働省が認可した薬とは言い換えれば「日本が正しく使えば安全だと保障した」というお墨付きを受けたということ。そして万が一副作用が起きた場合、「医療品副作用被害救済制度」(外部リンクへ飛びます)という制度によって、救済金などが受け取れるようになっていますが、個人輸入に関してはこの制度が使えません。

つまり、意識不明になろうが五体不満足になろうが死亡しようが誰も一切助けてくれないということです。「じゃあ輸入会社や販売した人を訴えればいい」という考えの人もいるかもしれませんが、海外にいる販売した人なんて簡単に雲隠れできますし、代行会社も「あくまで面倒な手続きをこちらでしただけ」としらを切ります。

「そんな危ない状況になるのはごく一部の運のない人だけ。ちゃんと用法容量を守れば大丈夫」なんて考える人もいるでしょう。

果たしてそうでしょうか?

命の危険がある偽物だらけ

個人輸入がいけない第三の理由は「個人輸入で手に入れたED治療薬の60%は悪質な偽物」だということです。これはよく考えれば当然ですよね。個人輸入代行会社が海外のどこの会社から仕入れているかあなたは知っていますか。たぶん誰も知らないと思いますし、代行会社もしゃべらないと思います。

極論、ペンキや農薬を使った完全な偽物を売っても基本的にバレないというわけです。

「いくらなんでもペンキや農薬を使った偽物なんて…」と思っている人がいるでしょうが、これは実際に中国で摘発された偽ED治療薬の工場で行われていた事実です。代行会社が「これはアメリカから輸入しています」「インドネシアから発送します」と言っても、中国からアメリカ・インドネシアを経由すれば嘘ではないです。

ペンキや農薬を使った偽ED治療薬なんて使ったらどうなるのか、もはや言葉にする必要すらないですね。これが60%の確立であなたのもとへ送られてきます。残り40%も完全に安全というわけでなく、使用期限が過ぎたものや、パッケージや薬を包んでいるものが劣化して腐敗しているケースがあります。

確かに、輸入代行会社を使えば1000円ほど安くED治療薬を購入することができます。しかし、60%以上の確立で粗悪なED治療薬が送られてきます。もし60%の粗悪品を使えば、命を落とす危険性もあります。

あなたはたった1000円の為に命を賭けるロシアンルーレットを行えますか?

まとめ

このように、個人輸入とそれを手助けする個人輸入代行会社の闇を紹介させてもらいました。医師の診断のないまま自己判断でED治療薬に手を出すと、EDだけでなく自分の体そのものがヤバい状態になることがわかっていただけたかと思います。

しかし、精力剤は医療品ではないですので、効果はゆっくりですが確実に体が実感していきます。

海外のED治療薬に手を出す前に、ぜひ精力剤を使ってみてはいかがでしょうか?

トップへ戻る↑