精力剤被害サーチのサイトロゴ

ED(勃起不全)の原因は、器質性ED、心因性ED、薬剤性EDの3つの原因が考えられます。

精力剤被害検索

商品件数152件!

情報件数900件!

ED(勃起不全)の原因

「歳をとれば精力が衰えて、自然と勃たなくなるもの」というように、仕方ない事と思われがちですが、細かく分析していくとEDになってしまう原因はちゃんとあり、ED治療にはまず原因を突き止めることが重要とされています。

糖尿病や高血圧といった病気が影響していたり、喫煙やアルコールといった生活習慣の影響だったり、ストレスやプレッシャーなどの精神的な問題が原因の場合もあり、具体的には以下の3つの原因が挙げられます。

器質性ED

「器質性ED」はざっくり言うと、身体的に問題があるケースです。血液循環が悪化する「血管の障害」や、脳からの信号が妨げられる「神経の障害」が主な原因となってるEDです。

EDを引き起こす原因となる病気は様々ですが、生活習慣病が強く影響していて、最も代表的なのが糖尿病です。血管そのものが硬くなり、勃起に直接影響する血管の拡張が妨げられてしまうだけでなく、陰茎海綿体の神経にも悪影響を及ぼします。

そのほかにも、交通事故などで脊髄を損傷してしまったり、骨盤の手術で勃起を司る神経を切断してしまい、正常に脳から勃起のための神経伝達がうまくいかなくなり、結果的にEDとなるケースがあります。

心因性ED

心因性EDは器質性EDよりも原因が分かりにくく、メンタル的な問題が影響しているEDです。
特に、最近増加傾向にある若い男性のEDは、この心因性EDが一番多いといわれています。

日常的にパートナーから「情けない」とか「もっとしっかりして」といった言葉を受けて、セックスに対して消極的になったり自信を失くしてしまいます。更に「なんとかしないと・・・」と焦ってしまえば、どんどんEDが重症化していきます。

心因性EDは原因が判明しにくいものの、軽度のものであればカウンセリングや薬を服用するだけで簡単に治せる事もあります。

薬剤性ED

薬剤性EDは、普段から使用している薬が原因になっているEDです。「中枢神経」「末梢神経」「循環器系」「消化管」に影響のある薬はEDを引き起こすことがあります。

例えばうつ病の治療で用いられる「抗うつ薬」や、高血圧の薬として処方される「高圧剤」、そのほかにも、「解熱剤」や「睡眠薬」なども副作用としてEDになる原因の引き金となる可能性があります。

上記で挙げた薬を服用すると必ずEDになるという訳ではなく、可能性が高まるだけなので、使ってる薬の影響だと決めつけず、心因性EDや器質性EDが原因という事も視野に入れておきましょう。

薬剤性EDを改善するには、原因になってる薬の服用を止めるのが一番ですが、生活する上では欠かせないような薬剤が多く、EDのために服用を止めるというのもなかなか難しいと思います。服用している薬の摂取量を調整したり、薬そのものを別のものに変更したり、ED治療薬を併用しても大丈夫な事もあるので、医師としっかり相談した上で決断しましょう。

トップへ戻る↑