精力剤被害サーチのサイトロゴ

ED(勃起不全)とはどういったものかを簡単に解説しています。

精力剤被害検索

商品件数152件!

情報件数900件!

ED(勃起不全)とは

EDは「Erectile Dysfunction」の頭文字を取ったもので、日本では勃起不全勃起機能障害とも呼ばれています。勃起状態を維持できなかったり、不完全な勃起の影響で満足いく性交ができない状態を指します。

硬さが不十分で挿入が難しかったり、挿入後に中折れしてしまったり、興奮してても勃起するのに時間がかかるという人もEDの疑いがあります。

また、「毎回じゃないけど、時々満足いくセックスができない」という場合もEDに該当し、勃起の質や頻度によって症状が分けられていて、「完全型」と「中等症」と「軽症」の3段階があります。

そんなEDですが、実は日本人男性の1000万~1500万人、つまり3人に1人がEDと言われていて、基本的に加齢の影響が多いと言われてますが、年齢に関係なく20~30代でも起こりえるとても身近な症状なのです。

EDの原因は様々な要因があるので、医者でも判断しにくいと言われていて、生活習慣病やストレス、うつのような心理的な問題だけでなく、服用してる薬の影響なども考えられます。

「安全かつ確実にEDを治したい!」という方は、素直に病院に行く事をオススメします。勃起などについての問診は基本的に男性が対応してくれ、必要に応じて血圧、血液、尿検査があるくらいで、間違ってもその場でパンツを下ろしてモノをまじまじ見られるという事は、ないそうです。

EDの治療方法は、基本的に診療後に「ED治療薬」が処方されるパターンが多く、恐らく一度は聞いたことのある「バイアグラ」「シアリス」「レビトラ」がそれに該当します。

EDとSDの違い

SDは「Sexual Dysfunction」の頭文字を取ったもので、性機能障害と呼ばれています。一般的には男性において、「性行為に支障をきたす症状」という広い意味合いがあるので、EDはSDの症状のうちの一つと言えます。

SDに含まれる障害は色々あって、射精障害でいうところの「早漏」「遅漏」「膣内射精障害」などもSDに含まれます。

ちなみに、社会的な認知度が低いようですが男性だけでなく女性にも性機能障害はあり、FSD(Female Sexual Dysfunction)で、女性性機能障害と呼ばれています。

こちらは、セックスに対して恐怖心を持ち嫌悪する「性嫌悪障害」や、性的刺激を受けても膣が濡れるといった反応が起きない「性興奮障害」などがあります。

インポとED

最近はめっきり耳にしなくなった、「インポ(インポテンス、インポテンツ)」という単語ですが、EDという名称が普及するまでは、上記のSD(性機能障害)と同等の意味で使われていました。

しかし、インポという言葉自体が侮蔑的、差別的な意味合いで、隠語として使われている傾向にあったので、今ではEDという呼び方に統一されつつあります。

ちなみに、インポテンツ[impotenz]はドイツ語の発音で、インポテンス[impotence]は英語の発音というだけで、同じ意味です。

トップへ戻る↑